クライミングを初めて最初に覚える エイトノット(8の字結び)

エイトノットの結び方 趣味
エイトノットの結び方

最初に覚える結び方 エイトノット。最初に混乱するのも エイトノット.
命を繋ぐ結び目になるわけだから、確実に覚えたいロープワーク。
綺麗に結べば間違いにも気付きやすい。安全性を出しやすいから選ばれている信頼度
ナンバー1の結び方だ。

スポンサーリンク

特徴

結び目の確認がしやすく、強度が出しやすい

クライミングではハーネスとの連結に使われる。パートナーとの確認がしやすいこと・間違いを見つけやすいことから、安全面を重視した選択である。
結び目が強く締まった場合でも、解く事ができることも選択要素の一つである。

結ぶ為に必要なロープの長さが多く、結び目も大きい

結び目 直線の部分が多い事が強さに繋がっているが、必要とするロープの長さが比較的に多くなってしまう。
結び目も大きくなってしまうが、それを活かしてテントやタープのストッパーとしても使われている。

スポンサーリンク

エイトノット(8の字結び)

フィギュア・エイト・ノット(Figure Eight Knot)

ロープをクロスさせる
  • 末端と折り返し部分を持ち、手前でクロスさせる
ロープの後ろを通り1周させる
  • 後ろから廻し
ループに通す
  • ループの手前から奥に通す
ロープを引っ張る
  • 絞って完成

ダブルエイトノット(二重8の字結び)

ダブル・フィギュア・エイト・ノット(Double Figure Eight Knot)

2重にして持つ
  • ロープを二重にして、写真のように持つ
指の後ろに下ろす
  • 二本指の奥に下ろす
クロスするように1周巻く
  • ロープをクロスさせるように1周巻く
指をずらして隙間を作る
  • 指を少しずらして隙間を作る
    親指で交差部分を抑えると良い
できた隙間に通す
  • できた隙間に先を通す
絞って完成
  • 絞って完成

よく使う組み合わせ

自分が通うジムではトップロープ・リードでの逆側の端、すっぽ抜け防止の為に必ず結んでいる。

すっぽ抜け防止
すっぽ抜け防止

末端側から ダブルフィッシャーマンズノット ダブルエイトノット
覚えさせる為・癖づける為もあると思う。

フジケン
フジケン

すっぽ抜け防止は重要だが人によって違うので、それぞれのジムで確認して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました